カラプードル

裁縫で使うフリースが欲しい!

調べると、クルザス高地のカラクールがドロップするということで、羊狩りにやってまいりました。

羊と言うより、顔はプードル…?

ちなみにヴァナ・ディールのカラクールはこちら。

のんびりした顔がかわいい。

グラビデかけて精霊魔法でどっかーんしていた気がします。

エオルゼアのアイテムドロップって偏りがすごいですよね…ぜんぜん出ないこともあれば、いきなり9個も出たりとか。へ?って思っちゃう。

クエストを進めていてめちゃめちゃ気になっていたのがビッグス。どこかで見たことあるなーとめっちゃ引っかかっていたのですが…

吉本新喜劇の烏川さんでした。

すっきりした…。

グリダニアをうろうろしていると…

傘をさしたうさぎの着ぐるみを発見!

なんかめっちゃじわじわきました…。それにしても傘なんてあるのですねー、かわいい。

フレさんたちと3人で死者の宮殿へ。

B41からはじめて50層のエッダちゃん戦。

すんなり勝てたー。

最近フラワーシャワーがお気に入りらしいヴィエラさん。

鑑定アイテムは1つしかでませんでした…残念。

ヴァナ・ディールとエオルゼア、戦闘システムが全く違っているので、戦闘中の操作をどうしたものかなーと、未だに悩んでおります。

ヴァナ・ディールの場合白魔道士は基本その場にいて回復だけをしていればよかったのだけど、エオルゼアは後衛も移動が必要という…。敵の行動に合わせて移動しなくちゃなので、ヴァナ・ディールと同じような操作をしようとすると限界があるのですよね。

自分の場合、ヴァナ・ディールではキーボードからのコマンド入力でほとんどの操作をまかなっていました。サブターゲットという概念があったので、たとえば「ヘイスト」の魔法のコマンドをサブターゲットで出しておけば、エンターキーを押したときに実行できたり。サブターゲットを出しておくことで魔法発動を待機状態にできました。

敵への攻撃も味方への回復も、サブターゲットを多様していたのですが、エオルゼアにはそのサブターゲットがないのですよねー。そこがつらい…。

キーボード入力をしていると、移動に支障が出てしまうので、戦闘中はあまりコマンド入力をしたくない。となると、マクロパレット?(エオルゼアでの呼び方がちょっとわからないけど)からの魔法実行に頼るしか無く。

ヴァナ・ディールだと、テキストコマンドでPTのメンバーの1人目とか2人目という感じで個人を指定して回復したり、サブターゲットで回復していたけれど、エオルゼアでは違う手法を使わないといけないと。

マクロのパレットを切り替えながら使うのが苦手だったので、魔法やアビリティをIMEの辞書にずらーっと登録して、コマンド入力方式をとっていたのに…エオルゼアでは、マクロパレットを切り替えながらの戦闘を考えていかないといけないかも…。

そして、エオルゼアのマクロパレットは切り替えにくいという…。慣れてないだけかもだけど。

テキストコマンド一覧を見ては、対策を考え中です…。