BRAVIA X95J

わが家のテレビは13年ほど前に買った52インチの液晶テレビです。ちょっと古いのでリモコンに「アナログ」の切り替えボタンがあったりします。

現在特に問題は発生していないし、壊れるまで使うつもりではあったのですが…。

BS・CSで4K放送が始まっているし、PS5も発売されたしで、そろそろ4K対応のテレビを買ってみる?という話をしたのが去年のこと。PS5を買う前にテレビを新調しようと盛り上がったのです。

そこで、電気店に行ったり調べたりしたのだけど、PS5を堪能できる4K液晶テレビが(ほぼ)無い!ということが判明。

調べるにあたり、こちらの記事が大変参考になりました。

プレステ5対応テレビの正しい選び方。キーワードは「4K/120p」「VRR」

ということで、対応テレビが発売されるのを待っていたのでありました。そうして、ようやく…

新しいテレビが到着!

↑ Before

↑ after

52インチから75インチになって、かなり大きくなりました。

今までお世話になったTVに接続していたゲーム機の配線を外して、TV台周辺の掃除をして、(家電リサイクルで処分するけど)古いテレビもきれいにして。

テレビの裏側なんてそうそう掃除出来ないですしね。周辺機器を全部一度棚から移動させ、TV台周辺のものをぜーんぶ取り除いて掃除しました。

こんなに大掛かりなことになった理由は、テレビ本体の外部入力端子の位置の関係。

これまでお世話になっていたAQUOSは向かって右側に入出力端子があったのだけど、新しいBRAVIAの端子は向かって左側。入出力端子の位置が逆になってしまい、ゲーム機などいろいろな周辺機器の設置場所を変更せざる負えなくなったからなのでした。

上の2枚の写真を見比べるとテレビサイドに置いている棚の位置が逆になっているのがおわかりいただけると思います。

一応、電気店の方からは設置+テレビと周辺機器の配線までしますとは伺っていたのですが(実際配線もしてくれようとしておりましたが)、接続機器も多いし、機器の場所も自分たちで考えながらしたいので、テレビの設置のみでお帰りいただきました。

接続機器がレコーダー1台くらいなら頼みますけど、Wii、PS2、PS3、PS4、Switch、nasneの6台なので…。

きれいに配線したかったので、配線にはかなり時間かかりました。入力端子の位置が変わったため、これまで使っていたTVのアンテナケーブルでは長さが足りなくて、途中相棒さまに買いに走ってもらったりもしましたし。ほんと疲れた。

で、テレビのセッティング中にちょっとびっくりしたのが…

自動音場補正ですって。

最近のテレビはこんな設定もあるのですねー。

早速PS5を…と言いたいところだけど、PS5がまだ買えないので、PS4を起動。

画面がおおきーいっ!あと、めっちゃきれい。

龍が如くのオープニングムービーを見てみたけど、画面がかなり大きくなったので迫力が!!PS5だったらもっとすごいんだろうなぁ。

ということで、大きなテレビに興奮気味です。

 

大葉の生命力

使いきれなかった大葉を、水を張ったコップに挿しておいたのですが…本日の夕食で使おうとしたところ…

根っこ出てた!

10枚くらいあったのだけど、根っこがでていたのはこの1枚だけです。

育ててみることにしました。どうなるかなー?

リネン

ジャンスカ好きなのですが、ちょうどいいジャンスカがお店で見つけられなくて。長めの丈のものがいいのですが、身長が低いので市販のものだと長過ぎるのですよね。

というわけで無いものは作る!という人生を送って来ました。

夏用のちょっと軽めの物が欲しいなぁと。やっぱり夏に気持ちよく過ごせる素材といえば麻かなぁ。いやでも麻は高いもんなぁ。という葛藤がありつつも、買っちゃいました!リネン生地。

かんたんなスカートやブラウスなどは作るのだけど、生地はたいてい1mあたり3桁以内のものばかり。お手頃価格の好みの生地を見つけて作るのがモットーでありました。

しかしこの度は、1mあたり1980円の生地を奮発して買っちゃったのです(行きつけの手芸店の30%OFFはがきが届いたので30%OFFでしたけどね!)。

リネン生地は、水通しをしましょうというのをよく耳にするので、いままでしたことがない水通しとやらをしてみることに。

1時間ほど水につけて取り出してみると…

めっちゃ色出てるー!

写真だとちょと薄いけれど、実際はもっと濃い色をしておりました。

絞ったりしないほうがいいというので、手で押して水を切り、けっこうびちょびちょの生地を持ってベランダへ。生地の準備ができたらジャンスカに仕立てようと思います。

高い生地なので緊張するなぁ…。