89%の罠

錬金術師をLv90にしなければ。

ということで、本日はせっせとギルドリーヴの錬金用納品物を作成。錬金術以外のクラフターは現状最大のLv90にになっていて、錬金術はLv87。

しかし、現状クラフターで作成できる一番いいギャザラー&クラフター装備を準備しようと思うと、錬金術をLv90にしなければ。ということに気が付き、あわててLvを上げに取りかかったのでした。

納品物を作成中にLvアップ。

作ったお茶を納品してもりもりLvアップで、一気にLv90に。

ほんとは、素材をちまちまクラフトして、じわじわLv90にしたかったのだけど仕方ありませぬ。これで、クラフターのLvはすべて90になりました。わー、ぱちぱち。

お次はサベネア島で素材集めの旅。

一番の目的はサベネアンコーン!

こちらは、伝説の草刈り場で採集できるアイテムです。技術力が「3230」ないと採集出来ないので、Lv90~装備できるIL560の装備を慌てて作って、せっせとマテリアを装着しました。

が…

それでも若干足りなかったので、マテリア禁断で危険を犯すよりは…と、食事で補っております。伝説素材で作る装備が現状クラフトできる最終装備となるので、IL560装備はあくまでも仮に作った装備なのですよね。

伝説の草刈り場は8:00~10:00と20:00~22:00の時間帯で出現するので、それ以外は調理で使いたいパームシロップをせっせと採集しておりました。パームシロップから作るパームシュガーを、たくさん使うので、シロップがたーくさんいるのですよね。

その合間に、未知の採集ポイントで収集品を採集したり、あとは刻限の採集もしたり。

刻限の採集ポイントから採れるパームチップからは、精選してアイテムを得ることができます。

サベネアンコーンをたくさん使うので、サベネア島にこもってせっせと素材集めをしていたのだけど…食事を取り忘れて技術力が足りずコーンを採れなかったり。

食事はとったのに、着替えを忘れたり。

装備の精錬度を上げてマテリアを精製するために、通常の素材を取るときはLv80~のエースセチック装備(IL490)を愛用しているので、伝説の採集時には慌てて作ったIL560装備に着替えているのでした。着替えると、金マユすら採れませぬ。

くぅぅ…。

さて、今回の最終目標は秘伝書9巻に載っている「パクトメーカー」と名のつくIL590の装備品を揃えること。★2の装備なので、今後Lv90用の★3の装備が追加されるのかなーとは思っているのだけど、いつ追加されるかわからないし、ひとまず★2装備を整えておきたいなぁと。

FF14をはじめて(再開して)1年経ってないないので、装備のアップデートスケジュールがよくわからないのだけど…秘伝書を見て推測する限り、Lv80~のギャザラー&クラフター装備は、秘伝書7巻に★2の装備が、8巻に★3装備があるので、Lv90~の装備も次の10巻で★3が出てくるのかなぁと予想。

本日採集したサベネアンコーンから作る「サベネアンファイバー」は、秘伝書9巻のギャザラー&クラフター装備、頭から足まで全てに使うのでたくさん必要なのです。そのサベネアンファイバーを製作するのに錬金術Lv90が必要なので、慌ててLvを上げたというわけなのでした。

錬金の秘伝書9巻も覚えたので、さっそくサベネアンファイバー作ろうと、まずは製作練習……をしてみたのだけど、こっこれは大変そう。どう作るのが正解なのかわからず、いろいろ試してみるのだけど、これ、品質を上げるの大変やん……。

まぁとりあえずできればいいやーっ、つくってまえーっ。

と、サベネアンファイバー生産に取り掛かりました。たまにできるHQに喜びつつ。

まずは、クラフターの胴装備のHQを作ろう!と、胴作成に必要なサベネアンファイバーHQが出来たところで、いざ胴の製作。

製作に必要なゴールドシルクという素材も金マユという伝説素材が必要なのですが、リテイナーが持ち帰ったLv90装備の分解で得たNQがあったのでそれを使うことにして。サベネアンファイバーとカエアンビロードのみHQ素材を使って製作スタート。

HQ率89%まで上げられたので、こっこれはいけたかも!?と思ったのだけど、残念ながらNQ。泣く泣く分解しました。早まらず、ゴールドシルクもHQ作ってからにすればよかったかなぁ…しょぼん。

クラフター胴だけでもできれば、ちょっとは楽になるかもと思うので、まずは胴のHQを作って、その後こつこつ1部位ずつ揃えてゆきたいと思います。