接待イフリートと撮影テクニック

先日メインクエストの「カッパーベル銅山」が終了。その後のメインクエストも、寄り道しつつちまちま進行。

8年前に一度はクリアしているので、進行しつつああこのNPCさんいたなーとか思い出します。

モモディさんーっ。

頭の飾りがゴージャスで。この装備PC用もあるのかなー?モモディさん専用装備かなー。

タタルちゃんきたー。

FF11で言うとクピピさん的な感じなのでしょうかね…。

で、あちこち走り回ってイフリート戦まで到達しました。ふう、あとはしばらくのんびりすごそー。とか思っていたけど、夜にINしたらLSの方がイフリート行こうと言ってくださったので、お願いしちゃいました。

そんなわけで、昨日に引き続き、Lv制限と人数制限解除状態(コンテンツファインダーの設定で解除できます)での接待イフリートのはじまりー。

きりっ。

イベントシーンを一通りみて、さぁ戦闘って思ったら…

イフリートさんはすでに息絶え絶えでした。

この形のクリスタル、過去のFFシリーズを思い出すなぁ…いい。

終了後の記念撮影…だけど暗い…。

って思ったら!

明るくなったー!

その秘密はこちら。

グループポーズなるもの。

LSの方に教えていただきました。これを使うとスクリーンショット撮影に便利ないろいろなことができるそう。こんなのあったんだー知らなかった!

いろいろできるみたいだけど、メニューが多すぎる!使いこなすにはちょっと時間が掛かりそうです。ライティングだけでなく、エモートさせたりもできるみたいで…

睡眠…zzz

フレームもつけたりできちゃうみたいです。おおーっ。

なるほど、Twitterなどでお見かけするちょっと手の混んだスクリーンショットたちの中には、この機能を使って撮影されたものがあるのかもなー。公式でこれだけのことができると、パソコン持って無くてもかなりの加工できちゃいますもんね。

時間があるときにいろいろ試してみたいなー。

あと、上の写真のフレさん方のヴァナ・ディールでの写真がこちら。

並びも一緒です。

めっちゃ田舎感漂ってる。でもねー、ヴァナ・ディールは19周年なのですよね。19年前の割になかなか良くできてる気がしますよねー。風景とか、アップでみると荒いんだけど、引きで見ると全体的に調和がとれていてきれいなのですよね。うん。

FF11ってもともとPS2でのサービスでしたもんねぇ。