初級白魔道士

まずはメインクエスト進行。

メインクエスト進行で、ギラバニア湖畔地帯をうろうろしていたら、ふと目に入ってきたのが地図にある「廃王テオドリック像」の文字。

テオドリックと言えば、最後のアラミゴ王であり、たいへんな暴君だったらしく、評判が悪かったはずだけど、そんな王の像があるの!?

気になったので見に行ってみたら…

残骸でした。

ですよねー!

帝国と停戦に関する会談の場を設けることができたものの、決裂に終わってしまいました…。

ということで、当然戦闘に。

コンテンツクリア後に、お写真とっておりましたら…

光の加減で、アウラさんの顔がじゃっかんホラーに…。

昭和の漫画に出てきそうなキャラクターになっちゃいました。こういうとき、上手に撮影する方法あるのかなー?

この後は宝箱ツアーへ!

G10の宝の地図でゆく転送魔紋のエリアは、断然ルーレットが多いのだけど、久々にルーレットじゃないところに入りました。

どっちがお得なのでしょうね…ルーレットの方がなんか楽しい感じはするけど!

ルーレットの方、最後までたどり着いたよー。おかねーおかねー。おかねいっぱーい。

さて。

メインクエストをもりもり進めているおかげ?か、初めてまだ3ヶ月弱で、もうすぐ白魔道士のレベルが80になりそうなところまで来ました。野良にほとんど出てない温室育ちのわたくしですが、今更ながらようやくエオルゼアの白魔道士がなんとなくわかってきたといいますか…。

ヴァナ・ディールとエオルゼアは全く違うので、現役ヴァナ・ディールの民にとっては違和感ありまくりではあるのですが…。個人的にめっちゃ違うと思うのが…

リジェネが神じゃない!

ヴァナ・ディールでは1分以上も持つリジェネ。ヴァナ・ディールだと敵対心もかなり低いので、かけておくとおまじない代わりで安心な魔法でした。メリットポイントで強化もできたし、かくいうわたくしリジェネ大好きっ子でありました。サポートジョブを学者にして、範囲リジェネひゃっはー!みたいな。

が…エオルゼアだとリジェネが大変危険な魔法になることも…。

ヴァナ・ディールだと事前にリジェネがかかっている状態の方が絡まれたりしても、術をかけた白魔道士にヘイトが乗ることはありませんが、エオルゼアだとのっちゃうんですねー。これ。びっくりしました。

宝の地図でゆく宝物庫では、敵が第一陣~第三陣といった感じで、3回に分けて追加されたりするのです。追加の敵がやってきた時、盾さんにリジェネがかかっていると、まずは白魔道士にヘイトが乗っちゃうという…。ヴァナ・ディールではおまじないみたいにかけてたけど、エオルゼアだと場合によっては大変危険な行為になってしまうのでした。

複数の敵が追加されたときなんて、もうぼっこぼこになるわけですよ…。

リジェネの魔法効果自体は優秀だと思うけれど、様子見ながら使わないと大変なことになってしまうのでした。

なので、最初に1回リジェネかけても大丈夫かなー?とか様子を見ながら使うようにはしておりますが、時々見誤るところもあったりして…。むずかしい…。

あと、Lvが高くなると魔法で回復よりアビリティで回復だなということもわかりました。魔法だと詠唱時間がけっこうかかるけれど、アビリティだとすぐ回復するので気持ちいい!

中でも、ジョブクエストで覚えるベネディクションというアビリティは「HP全回復」というとっても気持ちいいアビリティで。もりっと減ったHPをもりっと回復してくれてとっても快感!なのです。

緊急時用なので、押しやすいキーにしたいけど、3分に1度のアビリティのため、誤爆で使っちゃうともったいないので、「Ctrl+6」という片手で押せるけど押しにくい微妙な位置に配置してます。※基本キーボードのみで操作してます&時々マウス

ホットバー(ヴァナ・ディールでいうマクロパレット)の設定をもっと使いやすく変えたいけど、今更変えると混乱しそうで変えられないっていうね。

だいぶ回復はできるようになってきたとは思うので、あとは他のアビリティも使いこなせるようになれるといいなー。