Windows10におひっこし

2020年1月14日。

この日がなんの日かご存知でしょうか。

Windows7のサポートが終了する日なのですよー。Windows3.1&MS-DOS時代からPCを利用しているのだけど、徐々に新しいOSに馴染めないお年寄り事案が発生しておりまして。未だWindows7を使い続けているのでありました。

先日もスマートフォンのシステムのアップデートがあり、通知が来て1週間ほど経過してようやくアップデートしたら思いがけずAndroid8から9になってしまっていて。

なんじゃこりゃーーー!

かなり使い勝手が変わっていてしばらく困った日々が続いたのでした。起動中アプリの終了方法がちょっと変わってしまったので、慣れるまでちょっと手間取りました。

Windows10の無償アップグレード期間中に一度アップグレードして、ダウングレードしたWindows7なので、Windows10の使用権は獲得してあるのですよね。

ギリギリになってからだと混雑したり手間取ったりするかもなので、重い腰を上げてWindows10にアップグレードしちゃうことにしました。

Win95時代から愛用しているフリーソフトが結構あるので、アップグレードしてそれらが使えなくなると困るといえば困るけど、メインマシンとして使っているPCなので、アップグレードはしておかないと。ちなみに、サブで使っているPCはXPのままだったりしますが、FF専用でそれ以外でネット回線は使わないようにしております。

面倒くさがりで、なるべくマウスを使わず操作したい派なので、コマンド型のランチャーを愛用しております。Win10になってそれが使えなくなったら困るなぁ。でも、使えなくなったとしても、どのみちWin10にはしなくてはならないのだから、新たに自分で使いやすい環境を作ってゆくしかありません。

不安を感じながらアップグレードしたけれど、あれ、意外とすんなり移行できてそうかも~。

一番大事なランチャーも無事に起動して問題なく使えているし。その他、よく使うソフトも問題なく使えてるようです。

と。

ちょっとおかしいのがGoogle日本語入力。ブラウザで日本語を入力しようとしたら、変換候補がおかしな位置に。ぐぐって調べてみると、インストールし直せとあったので、アンインストール→インストールで入れ直したらなおりました。ほっ。

次は肝心のFFを起動、、、あれ、起動しませんね。

いつものようにFFを起動させようとするも、そもそもPOLが起動しない。ぐぐるとやっぱり同様の状況の方のブログ等が検索結果に出てきました。うーむ。やっぱりあるあるなのねー。

現在使っているメインマシンは数年前に組んだものなのですが、その時マザーボード・CPU・メモリは買ったのだけどHDDは買わないで昔使っていた古いのを寄せ集めしたんですよね。SSDだけ買い足したけど。

昔のフリーソフトウェアって、インストールせずともそのまま使えるソフトが結構多かったので、古いHDDに入ってるものがそのまま使えるからとフォーマットせずそのままPCに組み込み。そのため、HDDの中身の整理整頓ができておらずでして。(昔システムをインストールしていたHDDのもそのまま使っていたりもして。)

C(SSD)、D、E、Gと4つドライブがあるのだけど、同じフリーソフトが複数ドライブに入ってたりするなんてことも。FF11に関してもDドライブとEドライブに「FINAL FANTASY XI」フォルダがあったりなんかして。多分Dは使ってないから削除して大丈夫なはずではあるけど、消したあとなにか問題があっても困るしなぁ。

うーむ、これはHDDの整理整頓のため思い切って入れ直した方がいいかも~。

ということで、現状のままなんとか起動する方法を探るのではなく、再インストールしちゃうことにいたしました。うんうん、この方がスッキリするよね。

公式サイトのWindows版インストールページからクライアントインストーラーをダウンロード。

全部で5つのファイルに分かれているのですべてダウンロードします。

ダウンロードしている間にPOLとFF11をアンインストールしちゃいます。

とその前に、ここ重要。

FF11のインストールフォルダからマクロなどのデータを救出しておきます。FF11をインストールしているフォルダにあるUSERフォルダをごっそりどこかにコピーして保管しておきます。

自分の環境の場合ここでした。

「E:\Program Files (x86)\PlayOnline\SquareEnix\FINAL FANTASY XI\USER」

あと、自分はしてなかったのだけど「PlayOnlineViewer」フォルダ内のusrフォルダも保管しておきましょう。POL起動時のユーザーデーターが保管されています。自分は保管しておかなかったので、再度プレイオンラインのメンバーID等から入れ直しする羽目になりました。

「E:\Program Files (x86)\PlayOnline\SquareEnix\PlayOnlineViewer\usr」

もしかしたら、FFコンフィグのデーターなども救出できるのかもですが、まあマクロだけ救出できたらいいやーと思ったのでしておりません。

アンインストールが終わったら、今度はインストールです。

ダウンロードしたクライアントソフトのうち「FFXIFullSetup_JP.part1.exe」を起動してインストーラーを解凍します。「FFXIFullSetup_JP」というフォルダに解凍されるので、「FFXISetup」を起動してインストーォォォォルっ。

インストールが終わったら保管していたUSERフォルダ(とusrフォルダ)をコピペして終了です。これで、マクロなどのキャラクターごとの設定も元通り。

FF11のバージョンアップに時間かかるかなぁと思いきや、割とすぐ終わりました。そっか、クライアントソフトにもうそこそこのアップデートが入っているのね。インストールDVD(CD)からインストールし直すとアップデートに時間が掛かるけど、公式サイト配布のインストーラーならさくっと終わるんですね。

Google日本語入力とFF11で多少ハプニングがあったものの、思っていたよりわりとすんなりWindows10に移行できた気がします。あとは違和感ありまくりの環境を少しでも好みの環境になるように、少しずつカスタマイズしてゆこうと思います。

あ、そうそう。

にっきを書いて公開したあとで思い出してちょっと追記です。

Windows10にてソフトウェア起動時に、ユーザーアカウント制御の設定によって警告が出るのですが、そのときに画面が暗転する(設定による)ので、FF起動中に他のソフト起動による警告が出ると「全画面表示が~」とでてFF11が終了しちゃうのですよね。

FF11はウィンドウモードで利用しているのだけど、ウィンドウモードでもそれが出ちゃうんです。まあ、でも素人なので警告はある方が安心かなぁと思うので、通知をしない設定にするのもちょと不安で。なので、「ユーザーアカウント制御の通知を受け取るタイミングの選択」にて、「アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)にしておきました。

これだと警告時に画面が暗転しないので、「全画面表示~」が出ません。

POLは起動位置を覚えてくれてるけど、FF11って毎回ウィンドウの起動位置が変わっちゃいません?スクリーンショットを撮影するソフトにて、座標を指定してFFの画面内だけを撮るようにしているので、リサイズソフトを使って毎回FF11のウィンドウを定位置に移動させるようにしてるのです。そのソフトを起動したところ、警告が出て全画面モード終了にあっちゃいました。

というか最近はソフトウェアでなくアプリって呼ぶのですね。スマホはアプリ、PCはソフトなのかと思ってたけど違うのねー。

さて、ここからようやくヴァナ・ディールでの冒険のお話へ。

現在、倉庫ちゃんで魔法の地図を少しずつ揃えております。

本日はボヤーダ樹の地図を取りにゆくことにいたしました。ボヤもLv上げとかでよく行ったエリアですよねぇ、懐かしい。

ボヤーダ樹に入っていつものようにアレを探すも無い!?あれ、どこだどこだ。エリアをサーチするも見つからず。用語辞典さんを調べると、もともと無いのですねぇ「サバイバルガイド」。

あるときにヴァナ・ディールのあちこちに設置されました「サバイバルガイド」。サバイバルガイドを使えば、一度たどり着いた別のサバイバルガイドに移動できるので、便利な移動手段になっております。

今は、あちこちにホームポイントも設置されて、ホームポイント間のワープも利用できますが、ダンジョンなどでホームポイントがない場合は、サバイバルガイドが重要な移動手段となります。

ダンジョンに入るとだいたい入り口にサバイバルガイドが設置されているはずなのですが、ここボヤーダ樹にはないようです。雷鳴の回廊前のホームポイントがあるからでしょうかネ。ボヤにサバイバルガイドがないことに、無いことにはじめて気が付きました。龍のねぐらにはあるみたいですけどね。

片手剣のWSクエストも受けたので、潜在を消しつつカギ取り。

カギが取れたので箱開け。

このあと雷鳴の回廊前のホームポイントワープを開通してから戻りました。

気がついたらメリットポイントが貯まっていたので、、、

限界クエストをクリアしておきました。

これでLv上限が80に。メリットポイントはすぐ貯まるけど、次までの経験値が増えてまいりました。Lv99まで遠いなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。