チェンジ

以前から薄々思ってはいたのです。

MS-IMEの学習機能が残念だということを、、、。

Windowsに標準で入っているので、今まで特に疑問を持たず使っておりました日本語入力システム「MS-IME」。世間ではATOKさんファンも多いようですが、そこまでこだわりもないし特に問題もなかったので、お金を出してまで変えなくてもなぁとずーっと過ごして来たのでした。

しかし!

スマートフォンでATOKに出会って気がついたのであります。パソコンのIMEはなんてあほなんやと!そうして、ようやく疑問を持つに至ったのでした。

MS-IMEに疑問を持つに至ったけれど、しかしお金をかけて他のIMEを導入していまいちだったらなぁという心配も。周りにATOKを使ってる人もいなかったので、MS-IME以外使ったことがなかったのですよね~。スマホ版とPC版では違いもあるだろうし。

そこで思い出したのが以前ちらっと小耳に挟んだ気がする、Google日本語入力。確か無料で導入できたはず。

ってことで、Googleさん、導入してみました。

わっほーーーーーーーーーーーーーー!

なんて快適。

わたくし、FF11の操作をキーボードのみで行っているため、コマンドをよく使うのです。魔法詠唱にマクロも使うけれど、昔はターゲットを使ってPCに回復等の魔法を使うとき、着替えでターゲットが外れたりでいろいろと大変だったので、魔法もほとんどコマンドラインから使用します。

しかし、いちいち

「/ma ケアルV <p1>」

などといちいち入力するのは大変なので、辞書機能を利用して短い言葉で入力できるようにしているのです。

回復魔法の場合は「<st>」でターゲットを出して回復するコマンドと、PTメンバーの1人目・2人目~アライアンスメンバーの6人目まで直接指定で回復するコマンドを用意してあるので、一つの魔法で19の単語を辞書登録してあります。

この辞書はヴァナ・ディールで冒険するにあたり無くてはならない存在。

その辞書をスムーズに移行できるかが一番の不安だったのだけど、あっさり移行も完了。

ただ、私の環境だけかもしれませんが、MS-IMEの辞書に登録してある単語をすべてエクスポートできなくて。違うバージョンのMS-IMEの時は出来ていたのに、今自分が使っているバージョン(最新VerのMS-IMEではありませぬ)になってからは登録した単語は使えるけれど、辞書に登録した単語がすべて表示されなくなってしまっていて。

使用するのには問題がなかったので特に解決しなくていいと思っておりましたが、今回の様な時は困りますよね。ただ、こまめに辞書のバックアップ(テキスト形式)も取ってあったし、自Webサイトでの公開用辞書テキストファイルも作ってあったので、それらをインポートすることで事なきを得ました。

MS-IMEの辞書エクスポートは難ありでしたが、Googleさんへの辞書インポートはあっさりと出来ました。

今まで日本語入力を変えるのは大変そうだなぁと思っていたのだけど、いざ変えてみるとあっさりすぎてびっくり。学習機能も賢くて助かるし、ヴァナでの生活にもまったくもって影響がなくとても快適です。ヴァナでのコマンド入力に影響あったら困るなぁなんて思っていたけど、いらぬ心配でした。

こんなことならもっと早く移行したらよかったヨー。

チョコボの穴掘りで掘り上げた素材でせっせと合成スキル上げをしておりましたところ、、、

骨細工に続き、錬金術もスキル70達成したよー。

わっほーい。

コメントをどうぞ